リメイク、そして着物着付け

リメイク、そして着物着付け

服飾の勉強をしている人のセンスが出るのが、このリメイクという手法。
これまで洋服のリメイクであれば、ちょっと手芸が得意な人も経験済みという場合も多いようですが、
リメイクを極めていくと、やはり最終的には着物のリメイクに挑戦したくなるようです。
確かに誰でもできるリメイクでありませんし、かなりセンスが問われますからね。
リメイクとなると、やはりたくさんの生地が必要になりますので、そのような人々には
そこまで高級さがあるような着物より、手軽な値段で何着も創作する方が好まれるのです。
汚れている着物も、きれいな部分のみの生地を使用したりすることもできるので、買取が可能らしいのです。
なるほどーなっとくーって気がしました。

 

また、ここ数年の着物の着こなしも、型にはまることなく、わざと着くずれしたものや、洋服っぽい着こなしも一般的になっています。
着物の魅力はこれまで以上に広がっているといっても大げさではありません。
着こなし、生地の需要などなど…人気の理由は他にもあるかもしれません。
着物人気に伴って、最近では着物を自分で着るための着付け講座も人気が出てきているようです。
これまでは、このような講座を受講するのは、年配のご婦人や仕事上着物を着る機会のある人が主でしたが、
今は外国人や若い女性にも人気が出てきているようです。